私の名刺が切れたので、スタッフKに作ってもらおうとチャットした。

了解!と返信が来たので、こちらから元データを彼のPCに送った。
もちろん、印刷会社で刷ってもらうなんていう昔のやり方は頭から考えてません。
当然、優秀なWEBスタッフKに任せればインクジェットでささっと作ってくると待っていたら、彼から連絡が来た。

なんと、印刷会社を使った方が簡単で安いというのだ。無題

http://www.printsta.jp/

こちらでパソコンでデザインを作れてデータを入稿できるスキルがあれば、100枚なんと140円で名刺が製作できるという時代になっていた。

140円って缶コーヒー1ポンと変わんないじゃん。

確か私の記憶では、30年ぐらい前に初めて名刺を作ったときは100枚6000円ぐらいしたと思う。ただの会社名と名前と住所だけのシンプルなものです。

ちょっと前までは、パソコンでデータを作成して、名刺用の用紙を買ってきてプリンターで印刷して、楽になったなもんだ。と喜んでいたのに・・

今では、印刷用の用紙代の半分以下で業者が印刷してくれる時代です。

今回、カラー印刷なので、完全データ入稿で340円、送料160円、合計500円でたった今ネットバンクから振り込みデータ入稿したところです。

デジタル時代にどんどん進化していく世の中で、アナログ人間のままでは間違いなく不利な時代である。