今日も、楽しくギター教室を行いました。
生徒さんは、サザエさん卒業後初めてのチャレンジ曲に入っています。
スピッツの「空も飛べるはず」という曲にチャレンジしてすでにサビに入りました。
とても早いスピードで成長しています。

私が教えるレッスンは、1週間に一度30分だけです。
30分と言うとあっという間です。
練習の成果を弾いてもらって、間違っているところだけチェックしてそこを伝えて修正していきます。
生徒さんが弾く時間より話しをしている時間の方が長いときもあります。(笑)

これが、私のやり方なのです。

ギターなど楽器は、理屈で弾けるものではありません。
東大出のとても頭のいい人が、事前に本で勉強しても初めて弾いてすぐに楽曲がすらすら弾けるわけありませんよね。

そう、体にしみこませることが重要なのです。

そのためには、ギター教室で時間いっぱい弾くことよりも、次のレッスンまで家で反復練習することが大切で、それをやらせるのが私の役目だと思っています。

あとは、レッスン終了後、私がいろんなパターンの楽曲を演奏して、将来の期待を膨らませるようにしたり、一緒に弾いて楽しい印象のまま帰ってもらいます。

自分の好きな曲にチャレンジして、どんどん上達して楽しくなり、先生に見せて修正してもらい、また、練習して、と、コツコツやることで徐々に弾けるようになっていくのが一番の近道なのです。(笑)

それにしてもこんな素敵なフレーズがよく思い浮かぶな~
CR_5qpzVEAAOsGX