ギターのことをよくアコギと聞くと思いますが、アコギっていったい何?と思っている方もおられると思いますので、少し解説を!

アコギとは、アコースティックギターの略語です。
じゃ、アコースティックギターとは?
一言で言うと、エレキギターのように電気を通してアンプから音を鳴らすのではなく、ギター本体から生の音が出るギターのことを総合してアコースティックギターといいます。生ギターですね。

この画像はすべてアコギです。
akogi

一般的に、フォークギターと呼ばれるもの、クラシックギター、またはガットギターもアコギに入りますね。
ギター弾き語り教室「ぽろぽろ」でもこのアコギからレッスンをします。

憧れのバンドのように弾きたいので、エレキをやりたい!といってもギターは最初はアコギから入ったほうがいいと私は考えています。

それは、アコギがギターの基本だと考えます。
まず、ギターの場合コードを押さえることがとても重要なのですが、アコギの場合、コードをしっかり押さえないと綺麗な音が出ません。
反対に、エレキギターはアンプで増幅するのと、弦もやわらかいので意外と簡単にそれなりの音が出ます。
エレキから入ってそれに慣れてしまうと、アコギではいい音が出しにくいでしょう。それはしっかり弦を押させる癖がついていないからです。
特に、指で一本一本の弦を弾いて弾くアルペジオやスリーフィンガーなどでは、かなりしっかり弦を押さえないと、綺麗な音が出ません。
これはアコギで練習していくと自然と身につきます。

アコギをマスターしたら、いつでもエレキは弾けると思ってもいいと思います。

ちなみにエレアコというのもあります。
これはエレキギターとアコースティックギターの特徴を合わせたギターですね。
見た目はアコースティックギターですが、音を拾うピックアップやボリュームやトーンなどが調整できるつまみがついており、本体にシールド(コード)を挿し、アンプにつなげてギターアンプから音を出せる優れものギターです。

アンプに繋いでいないときは普通のアコースティックギターとして弾くことができます。

なんと、私が「ぽろぽろ」のPRのためにテンパークの看板横に飾ったあのヤマハのギターもエレアコです。(驚!)
ギター看板 (16)
それにしても、記事を書けば書くほど新しく専門用語が出てくるので書いてる本人もちょっとびっくりです。
やはりぼちぼち解説していくしかないなこりゃ。(笑)