日曜日は年に2回の大イベントのテンパーク・バスフィッシング大会in七色ダム2016春に行ってきました。

毎年、春と秋に和歌山と三重と奈良の県境付近の七色ダムに行き、大自然の中で一日バスボートの上でフィッシングを楽しむイベントです。

深夜1時にテンパークに集合して、それぞれの車にタックルを積んでいざ出発。
高速を乗り継いで約200km走って朝方5時に現地入りです。
道中の車の中では「今日は、50UPを釣るぞー」と、みんな興奮して盛り上がります。

そんなに早くから集まって、高速代を払って、燃料代を払って、レンタルボート代を払って、食料をたくさん買い占めて・・
そこまでして、なんでわざわざ三重県の山奥まで行ってバス釣りするの?ってみんな言います。(笑)
そもそも滋賀県の住民で、すぐそこにバス釣りで超有名な琵琶湖があるのに・・・

それは、一言で言うと、そこまでする価値があるからです。

本当に鳥のささやきだけが聞こえるような大自然の湖上で、ゆっくりとした時間を過ごせます。
人間もやはり動物、大自然の中に行くと安心感というような安らぎと心が洗われるような気持ちに包まれるのです。

そんな素敵な場所で、仕事を忘れてひたすらキャスティング。
これが、最高に気持ちいいのです。

実は、琵琶湖でもバス釣り大会をしたことがありました。
しかし、琵琶湖はレジャーも盛んなので、ジェットやパワーボートなどが目の前をキャーキャーいいながら走って行き、うるさくて釣りになりません。
まあ、ジェットの人達も「こんなところでちまちま釣りなんかしてんじゃねーよ」と思っていることでしょうがね!(笑)

なので、山の中でゆっくり遊びたいのです。
もちろん、ビッグバスを釣りたい気持ちもやまやまですが、私の場合、七色に行ってゆっくりした一時を過ごすことに意味があるのです。

釣果?
私は何とかかわいいバスを一匹GETしましたが、やはり難しい。
そりゃ、プラスティックで出来た疑似餌で生き物を釣るのですからね!(笑)

そんな素敵なイベントに参加してくれたメンバーにありがとう。

今回は、さわやかな好青年が可愛い彼女を連れて初参加してくれました。

middle_1465129181

最後に、いつも親切にしてくれるレンタルボート169の店長と愛犬のマロンちゃん、ありがとうございました。
また、次回よろしくお願いします。