今日は先日新しく再オープン?したピエリに行ってきました。
行ってきましたというより、妻と娘の運転手と荷物もちさんですね、(笑)

ピエリは、何年か前にmoriyamaの琵琶湖沿いに新装オープンしたショッピングモールですが、その数ヵ月後にkusatsuの湖岸沿いにイオンモールができ、お客さんがそちらに流れて、ほとんどのテナントが撤去して廃モールとなっていました。
pieri
やはりイオンのパワーは凄いと言わざるを得ませんでしたね。

当時の新装オープン時のピエリにも行きましたが、キャッチフレーズの豪華客船をイメージしたショッピングモールと言うわりには、駐車場に車を止めて、その建物を見た瞬間に「えっ、なんかチャッチーなー」と感じました。

それは、建物の壁のトタン丸出しが高級感を感じなかったのです。
なので、ワクワク感があまり無かったのです。

中身のお店が良かったらいいという意見もありそうですが、私は外見も重要と思います。

例えば、高級ホテルに泊まるぞ!とワクワクして着いたら、外壁がトタンだとしたらがっくりです。
高級なショップは外装まで高級にこだわると思います。それがショップや商品の価値もあげると思うからです。

シャネルやプラダやエルメスなど高級なブランドショップに行ったこともありますが、商品が高価なことはみんな知っていますが、お店の作り、そう、外観もシンプルで、とてもこだわっています。

そういえば、以前、京都の三越のグッチのお店で妻が携帯ケースを買ったときにびっくりしたことがありました。

商品を包んで専用ケースに入れてロゴが入った小さい紙袋に入れてくれました、そこまではブランドショップなので当たり前ですが、その上に半透明の袋をトッテの部分だけ出して掛け始めたのです。

私が、「それなんですか?」と尋ねたら「本日は雨が降っておりますので・・・」と笑顔で言われた時に、本当に驚きました。

それは、商品が雨で濡れないようにするためのカッパだったのです。

「えーー、そこまで考えてるの?」「えっ、今雨降っているんや!」が私の正直な言葉です。

何十万もするバックを買ったわけでも無いのですよ、小さい携帯ケースを買っただけで、そこまでしてくれて、そのあと、お店の外に出る前までその商品を持ってきて見送ってくれたことに、とてつもない優越感を覚えたことがありました。

ブランド物は高価ですが、そこにいろんな価値が入っていると頷けます。

と言う事は、外観がそのままだったピエリはまた前回同様、今日の盛り上がりをキープできないのかも分かりません。

今回は、H&Mなど滋賀で初めてのショップを何店舗か誘致したようですが・・
123

聞いたことがある名前が書かれたお花があり、頑張っているんだなとは感じましたが・・・
1234

実際に一通りモール内を見てきた私の感想は、女性向けのショップが多く私のような男性が楽しめるお店が少ないと感じました。
そうそう、まだオープンしていないテナントがかなりありました。これもあまりいい印象ではありません、どうせ再オープンするなら、全てのテナントを埋めてからやったほうが良かったと思います。

また、お父さん達が休憩するベンチが少なすぎるので、立っているのがしんどいと思いました。

それよりも何よりも私は、映画館と楽器屋がなかったので、一人で行くことは二度とないでしょうね!(笑)

これが、答えかも?(笑)