先日、ブラジルの友人夫婦とFacebookを通じて20数年ぶりに再会した話を書きました。
その記事を読んだお客さんが、私の記事をきっかけにFacebookに参加して海外の友人と連絡が取れたと喜んで報告してくれました。

「いやーー、私の記事もたまには役に立っているんだな~」と私もとても喜んでいます。(笑)

という訳で、このブログを読んでいる人でFacebookをやっている方、こちらから友達申請はお気軽にどうぞ!
https://www.facebook.com/eigo.tenpaku

また、これからFacebookをやってみたいがよくわからない人も、このブログのコメントからお気軽に連絡してください。
私の分かる範囲で一生懸命説明させていただきます。

ところで、今回の出来事が私にとってはとても嬉しかったので、そこらじゅうでこの話しをしていると、その話を聞いた人が口を揃えて「天白さん、何語で会話してるのですか?」と言うので、「英語と日本語とポルトガル語かな?」と答えます。
すると、「えっ、天白さんは英語ペラペラなんですか?」と聞かれるので、「いえいえ、中学生レベルです」(笑)と答えてました。

実際には、日本語をローマ字にして、その中に英語とポルトガル語を混ぜながらお互いがメッセージを送って会話していました。
Facebookのメッセンジャーは、メールというよりどちらかと言うとLINEのようにチャットしているよような感覚でやり取りします。

そんな中、TENPAKU IMA NANISITERU? みたいなメッセージが届いたときに、私の今までの歴史や、今の現状をローマ字のカタコトで説明するのはめっちゃ大変だな~と感じました。そのとき「もしかして、ネットが進んでいるこの世の中ですから、日本語をポルトガル語に翻訳してくれるサイトはないものか?」と思って検索したら、なんと簡単に翻訳してくれる無料サイトがありました。

エキサイト翻訳

これだと、このブログの記事のような長文も、簡単にポルトガル語に翻訳してくれるので、それをそのままコピーしてメッセンジャーにペーストすることで伝えることが出来たのです。

やはりネットは凄い!と再確認した瞬間です。

それで、会話がより一層活発になっていったら、Eloisaからこんな画像が届きました。

12235549_960778323987921_1210407720_o

当時の仲良くしていたときの3人の写真です。
もちろん、スマホがない時代なので、フィルムカメラで撮った写真を今撮り直して送ってくれたのでしょう。

この画像を見たとき、懐かしさと同時に、この写真を大切に持っていてくれたことが嬉しくて、涙がにじんできました。
(笑)

それにしても3人とも若いね!

当たり前やろ!(笑)