この文字の意味が分かりますか?

「春夏冬二升五合」

これを見た瞬間に解読できる人は、商人か、かなりの知識人か、雑学博士かも分かりません。
いや、もしかすると江戸時代の人かも?(笑)

普通に読めば、意味不明ですよね?

これは、「商い益々繁盛」(あきないますますはんじょう)と読みます。
読める人は、さすがです。

「はっー?意味わかんない~」と思っている人に解説します。

漢字をよく見てください、春夏冬と書いてあるので、秋がありませんよね?なので、まずは「あきない」(商い)と読みます。
次に二升は升(マス)が2つなので「ますます」(益々)と読みます。
そして最後に五合は、もうお分かりですよね?
そう、一升の半分が五合、なので、半升(繁盛)と読みます。

これで、「商い益々繁盛」になるわけです。

昔の人の知恵言葉遊びですね。

この言葉でミラーMAXワンマンサイズを作ってみました。
MM-OJ-1

商品名:ミラーMAXワンマンサイズ(日本語)
字体:シリウス
カラー:パープル

■ご紹介した商品の情報やご購入はこちらから!
ミラーマン