以前、私は「お月様が好きではない」と言いましたが、今日はそのお話を少々。

昔話や俳句、または小説に音楽の歌詞など、月をなにか特別な存在のようによく書いたり話したりされています。
また、月は満月になったり半月、そして三日月と形を変化させるのもとても神秘的と言われています。
orion5
しかし、冷静に考えてみると、月は自分の力で何もしていませんよね!
月が幻想的に光っているのは、太陽の光を反射しているだけで、三日月に変化したといっても地球の影になっているだけです、ただ、私達が勝手に良い様に解釈しているだけです。

その上、月には引力があり、地球上の生物にいろんな影響を与えます。
特に満月の日には、海の潮が満ちて満潮となりますよね、また新月も満潮になります。これも月の引力といわれています。
その満月の日には、他にも月の引力によりいろんな現象が起こります。
亀が卵を産みます。(笑)狼が遠吠えをします。(笑)キングコングが胸をたたいてウォォォォーーっと叫びます(笑)

そんなことより、実は人間も満月の日に出産することが多いのです。
そして交通事故や自殺者も満月や満月の前後に多発します。
また、津波、地震、 火山の噴火などの自然災害が集中していることも知られています。

もっと言うと、満月の日に大きな事故や災害が起きているのも偶然ではないのです。
例えば、日本航空350便墜落、阪神・淡路大震災、オウム真理教の「地下鉄サリン事件」・スペースシャトルコロンビア号の空中分解・イラク戦争開始日etc

人間も動物、やはり月の引力に知らぬ間に影響されているのですね。

その点、太陽はすべての生命のエネルギーの源で、私達に熱と光を惜しみなく与えてくれます。たぶん月が無くても生命は死なないでしょうが、太陽が無くてはすべての生命は滅亡しますよ。
lgi01a201405102100
真夏のカンカン照りのときは、暑すぎてちょっと太陽を避けたいですが、やはり太陽は私達にパワーを与えてくれるすばらしい星です。

という訳で、いつも前向きな私は月の引力に引っ張られるのが嫌いで、太陽のパワーを受けてどんどん前に進みたい生物なのです。(笑)

そう、私は月が嫌いで太陽が大好きなのだ!

トラッカーの皆さん、満月の日が近づいてきたら、運転には十分気をつけてくださいね!