高速道路の速度規制が時速100kmから120kmに引き上げられる方針が決まったそうです。
すべての高速ではなくて、安全の条件を満たす区間という事で、試行は、静岡県の新東名高速道路(御殿場-浜松いなさジャンクション間約145キロ)と岩手県の東北自動車道(花巻南-盛岡南インターチェンジ間約31キロ)で行い、当初は110キロとすることを検討するという事です。

76e8ceefa2b169f1ba9f260aa22ef344
高速道路の速度規制は1963年に決められたそうで、もう50年以上も前のこと。
もちろん、車の性能は比較にならないくらい上がっていますので、その方面ではまったく問題ないでしょう。
ただ、運転技術という面ではどうなんでしょうね?
例えば、初心者マークの免許取りたての人や、もう免許書を返却したほうがいいような運動神経が鈍くなった老人なども同じようにしてしまうと、ちょっと怖い気もします。

詳しくは、こちらの記事をご覧下さい。

残念ながら大型トラックは今までと同様で時速80kmのままだってさ。

ちなみに新東名は、時速140kmでの走行を想定して設計されているのですよ!知っていましたか?
どうりで、道幅は広いしカーブも超緩やかだし、なんと言っても舗装が綺麗で段差も無いので、走りやすいはずだ!

ただ、私が気になったのは、4トン車は普通車なので、120kmで大型車が80km規制となると、この40kmの差はかなり大きくて、追突事故が増える可能性があるとおもうのよね。

どうせなら、平行して大型車も100kmにしたほうが安全なような気がします。

最後に、警察庁は試行の検証結果を踏まえ、東名、新東名、東北道、常磐道、関越道、東関東道、九州道などの一部区間で引き上げを検討する。

とも、書かれてました。