horiとギターの練習をしていると、明らかに俺と違うところを見つけた。

それは、右手のストロークの腕の降り方だ。
もう少し細かくいうと、上下に腕を振り下ろしながらひねる手首のしなやかさかな。

ジャンジャカジャカジャカと弾く弾き方をストローク奏法というのだけど、簡単そうでこれが意外と難しい。
特に初心者は、ピックを持つ指の力加減が分からないので、落とさないようにぎゅっと握ってしまう。

そうすると、弦を弾く(ハジク)というより弦を引っかくような弾き方になり。ガチャガチャした汚い音になってしまう。

ストローク奏法の中でも腕を上から下に振り下ろすことをダウンストロークといい、下から上に引き上げることをアップストロークといいます。

そう、ピックを持つ力加減が分からないと、そのダウンストロークもアップストロークもガチャガチャ音になってしまうのです。

今でこそ、生徒さんにピックの持ち方や、ストロークは振り子とうちわの原理ですよ!と、細かく教えることができますが、そのときは私も初心者、ピックを親指と人差し指でぎゅっと握り締めて弾いていたのです。

ところがhoriは、感覚的にピックを優しく挟むように持ち、手首はうちわを仰ぐようにひねらせ、腕を上手に振り子のように振り、ストローク奏法をマスターしだしたのです。

やはり恐るべしhoriです。

理想的なストロークをマスターすると、ガチャガチャじゃなくシャラーンという音がします。

しかも、同じようにストロークしているように見えて、弾く瞬間にちょっとピックを握ったり緩めたりすることや、手首のひねりを大きくしたり小さくしたり、そして振り子のような腕の振りのスピードをを若干早くしたり遅くしたりして、ストロークで弾く音にも表現力が出てくるのです。

今度ミュージシャンのギターの弾き方を観察してみてください。
うまい人は、ストロークも自然で滑らかで優しい弾き方をします。

このままだとどんどんhoriにおいていかれるとあせる私でした。(笑)

とても力を抜いて優しく弾いている人の動画を見つけましたので参考にしてください。

実は、私でした。(笑)