本日は、ミラーMAXとNEWミラーMAXを同時に購入されたお客さんがおられたので、その画像を例に違いをご説明します。

お問い合わせでもかなり上位に来るのですが、「ミラーMAXとNEWミラーMAXの違いはどこですか?」と聞かれます。

特に、雑誌の画像は小さく、一枚しか載せられない上に、スマホやパソコンのようにびよーーーんと拡大できないので、わかりにくいようです。

一言で言うと、ダイヤカットありか無しか、です。

こちらの画像をご覧下さい。

IMG_1778

左のミラーMAX右のNEWミラーMAXも素材はガラスミラーで出来ています。
横300mm縦50mmでカットしてあるのですが、その時の切り口の仕上げ方法が違うのです。

ガラスの場合、切りっぱなしですと、スパッっと手が切れますので、とても危険ですよね。
そこで、面取りという仕上げをするのですが、まず、ミラーMAXは、手が切れない程度に仕上げます。それを糸面と呼びます。
そして、NEWミラーMAXの方は、その面取りを思い切って大胆に5mmの幅で面取りします。これを業界用語では幅広面と呼びます。これでは、ちょっとダサいので、テンパークではダイヤカットと呼んでいるのです。

ダイヤカットすることにより、ガラスの角度が変わり、鏡の映し出す景色が豪華に見えます。

IMG_1779

このダイヤカットは、これだけのために専門の業者に制作依頼しますので、少しお値段が高くなるということなのです。

また、ミラーMAXは糸面仕上げのため、最大積載量バージョンは周りに枠を入れて文字が全体的に締りがあるように仕上げますが、NEWミラーMAXはすでに5mm幅でダイヤカットしていますので、その中に枠をいれるとクドくなるのと、文字がかなり小さくなり、バランスがとれないので、枠は入れません。

ダイヤカットが枠の代わりだと思ってください。

この説明で、わかってもらえたかな?

NEWミラーMAXだけじゃなく、NEWスーパーミラーも同じくダイヤカットされて一段とゴージャスになった商品となります。

■ご紹介した商品の情報やご購入はこちらから!
ミラーマン 

■facebook(フェイスブック)の友達申請はお気軽にどうぞ!
https://www.facebook.com/eigo.tenpaku