画期的なアイデアが浮かびました。

ミラーマンのお客さんがタダでスーパーミラーなどミラーマンの商品が買える(手にする)可能性のあるアイデアです。

それは、「トラッカーにしか撮れない写真を売る」と言うビジネスアイデアです。

あなたは、自分が撮影した写真が売れることを知っていますか?
実は、ネット上で売れるんです。

どういうことかと言うと、現代のネット社会では小さな個人事業から中小企業、そして大企業と、会社として事業をする上で必須条件になってきているのが、インターネット上のホームページです。

今やホームページすらない会社はもちろん検索しようが無いし、ホームページがあってもお金を掛けて製作会社に依頼してそれなりのページにしなければ、ヤフーやグーグルなどの検索エンジンが上位に選んでくれません。

また、検索エンジンは、検索した人の役に立つようなホームページを瞬時に解析してランク付けして表示してくれるすばらしいロボットなので、素人が作ったようなペラペラのマンガみたいなホームページを上位にランキングしません。
表示されても、100ページ目に表示されていては、誰も見ません。

と言う事は、無いのと同じです。(笑)

そこで、やはり優秀なホームページ制作会社に依頼します。
ホームページには、ヘッダーと言ってTOPページに大きな画像で何をやっている会社なのかを伝える画像を配置します。
また、個別ページでもたくさんの画像が使われます。

例えばミラーマンのヘッダーは5枚の画像が自動でスライドするヘッダーになっています。

このミラーマンのヘッダー画像は、すべて私が撮影したものですが、実は、トラックドレスアップをイメージさせるいい画像が無いか「素材サイト」で探しました。
しかし、私のイメージにぴったりのいい画像が無かったのです。
正直言ってダサいトラックの画像や、ダサい道路の画像しかありませんでした。

私の場合「じゃあ、自分で撮ってやろう!」と真剣に撮影した画像を使いましたが、そう、その素材サイトこそが、買うことも出来て、写真を売ることも出来るサイトなのです。

そして、私が実際に感じたように、トラックや交通などの素材画像は極端に少なくニッチなのです。
DSC_0004

そこで、ひらめいたのが、ミラーマンのお客さんに、仕事で行った先での感動するようないい景色や、いいアングルの高速道路の写真、大雪の中の大渋滞の写真、鮮魚市場でマグロの解体をしている写真、などなど、トラッカーでしか撮れない写真を撮影してテンパークにポイっと送るだけで、後は、こちらで素材サイトに契約して画像を投稿して素材として掲載します。

これを、先に話したホームページ制作会社のWEBデザイナーなどが素材を探してあなたの画像に目が止まり、購入すれば、あなたの画像が売れたことになります。

ある素材サイトの価格設定では、一番小さいサイズで540円ぐらいから売れます。
大きいサイズで買って頂けると、3000円以上になります。

もちろん、ネット上の画像はデータなので、買われてもなくなりませんので、いい画像は何枚でも売れるわけです。

その売れた金額の何パーセントかを素材サイト会社が手数料として取り、テンパークも少し手数料を頂き、残りが画像を提供してくれたお客さんのものになります。

その都度振り込むと振込手数料が必要なので、その売り上げをミラーマンのポイントにすれば、振り込まずにお客さんのものになり、将来欲しかったスーパーミラーの購入資金の足しにしたりできるというものです。

ホームページの製作を依頼した企業さん(クライアント)、ホームページを製作する会社さん、世話をして手数料が入るテンパーク、そして、何より画像を提供したお客さん、すべてに利益があるWIN WINのいいアイデアだと思いますがいかがでしょうか?

もちろん、売れるかどうかは素材次第。でも可能性は十分にあると思います。

なぜなら、クリエイターと呼ばれる、写真を提供するプロの人たちは、トラッカーが行く現場にはまず来ないからです。
だから、貴重ないい写真が取れると私は思います。

「思いついたら、行動あるのみ」なので、この企画やってみるつもりです。

もし、俺も参加しよう!思った人、よろしくお願いします。
ちょっとした副収入になるかもよ!(笑)

■ご紹介した商品の情報やご購入はこちらから!
ミラーマン 

■facebook(フェイスブック)の友達申請はお気軽にどうぞ!
https://www.facebook.com/eigo.tenpaku