遅くなりましたが、1月2日の新年会の話を少々。

毎年、1月2日は高校時代の親友たちが県外ら駆けつけてTPスタジオで新年会をします。
彼らは三重県や愛知県から車を飛ばしてやってくるのだ。

そもそも正月なので、高速は渋滞するし、今年は大雪の影響でいつもより走りにくかったようで大変だったみたいです。
それでも、わざわざこんな遠いところまで来るのは、その新年会がとても楽しみだからです。

もちろん、私も年に一度の親友たちとの再会を毎年楽しみにしているのです。

なにが楽しいかって、やはり親元を離れ、トヨタ学園の寮に入り、そこで生活し、勉強?し、遊んだ仲間だから、同じ目線でその時代に戻れることでしょう。
あほなことを言って、頭をどつき合いながらわいわい酒が飲めるのです。

その上、バンドをしていたメンバーなので、みんなそこそこ楽器ができるというのも楽しさを倍増させます。

当然ですが、同じ年なので聞いていた音楽もほぼ一緒、私がギターで懐かしい曲をぽろぽろっと弾きだすと、すぐにみんな大声で歌いだします。(笑)

一般的には、新年会や忘年会となると、どこかの料理屋を予約して、鍋をつついて懐かしい話をして盛り上がるというのがパターンでしょうが、私たちの場合は違います。

みんなが集まると、夕方からスーパーに買出しに行きます。
50過ぎのおっさんがぞろぞろとスーパーの食料品売り場をカートいっぱいに食料と酒を乗せてわいわい言いながら巡るのはちょっと気持ち悪いかも分かりませんね。

そしてTPスタジオに戻り、好きなものを食べ好きな酒をのみ、大声で歌いながら朝まで騒ぐのです。
111
幸い、周りに民家も無いので、エレキギターを鳴らしたりドラムを叩いたりしても近所迷惑にはなりません。

みんな、口をそろえて言います。
「ここ最高やな!夜中に楽器演奏してマイクで歌いまくっても問題ないし!」

そうですね、確かに民家が離れていいるので騒げますが、隣に家があればこんなドンちゃん騒ぎができません。
こんなスペースで完全に音をシャットアウトできたら、とてもいい場所になるよな~。と以前考えました。
その上、楽器の音が外に漏れないとなると、バンドの練習を毎日時間を気にせずできるし、そんな箱があればいいだろうな~。と思い、あるアイデアが出たのがスタジオ君というビジネスモデルです。

そんなTPスタジオでしょっちゅう宴会をやる私です。

再来週の土曜日にもマンションの友人たちの新年会を計画しています。
もちろん、その日もTPスタジオで大騒ぎ。

新年会、忘年会、花見、夏祭り、秋祭り、そして仲間が転勤するときは壮行会をと、ことあるたびに集まるのです。(笑)

私は、みんなが集まってきてくれて一緒に騒いで飲めることが宝だと思っています。
そう、一緒に遊んでくれる仲間がいることが最高に幸せなんです。

本当に友人たちに心から感謝しています。