大型トラックに乗っているトラッカーでも知らない人が多いんじゃないかな?と思いちょっと雑学を!

あまりじっと観察するところじゃないので、気が付きにくいのですが、大型トラックのナンバーの穴位置が左右対称じゃないのをご存知でしょうか?

普通車用のナンバーには、上の方に2箇所ボルト用の穴があいていますが、左右対称となっています。

しかし、大型用は違うんです。

大型用のナンバーには、固定用のボルト穴が4箇所空いているのですが、上部の2箇所の穴は上から35mmの位置で、左側が、左から70mm、右側の穴は右端から95mmの位置に空けられております。

と言う事は、車体側の穴の位置もセンターじゃないということになるな。
だって、車体側がセンターを基準に左右に穴位置を決めると、ナンバーがセンターじゃなくなるからね。

ちなみに、下部の2箇所の穴位置は下から25mmなんです。
なんかバランスが悪いですよね?

そこで、実際に大型のナンバーを見ていると、どうやら文字との絡みがあるようです。
左右対称に開けると、どうしても文字にかかってしまうようなのです。

obanplate2

また、実際の大型ナンバーをじっくり見てみてくださいね。

あっ、そう言えば、4t車と軽自動車のナンバーは全く同じサイズだということも知ってます?
大型車並みの超ロングの4t車もコペンのような小さな軽自動車もナンバーのサイズは同じなんだよ。
330X165mmなの。
色が違うだけ・・・なんか面白いね。(笑)

大型ナンバーは440X220mmで~~す。