娘がノートパソコンが欲しいということで、先日お手伝いしました。

ただ、自宅PCのモデムやルーターから部屋が離れていますので、無線ランになります。

それに備えて、ルーターも無線ラン用に変えました。
電気店に行って探していたら、Wi-Fi内臓と書いてるのを見つけ、ついでなのそれを購入してセットしたのです。
バッファロー製のルーターです。
IMG_0935
左が新しい無線ランWi-Fiルーター、右は光電話のモデムです。

今まではスマホのソフトウェアのアップデートなどはWi-Fi環境でしかできないので、そこに行って更新していましたが、今度からは自宅でアップデートできますので、家族みんな喜んでくれました。

また、youtubeなどの動画も固まることなくとても快適です。

快適で思い出しましたが、私の会社のデスクPCがどうも動きが遅いので、先日からいろいろ調べていました。

まずは、ネット回線が速度に問題があるのかなと疑い、プロバイダのサポートに電話して、いろいろチェックしてみましたが、スピードテストしても何の問題も無いといわれました。

そこで、次に疑ったのが、ルーター、そこそこ長い間使っているので、ルーターの寿命なのかな?とルーターを変えてみました。ところが、それでも改善しないので、いろいろ調べたところ、メモリーにたどり着きました。

実装されていたのは2Gのメモリーですが、どうもwin7以上は、それを動かすだけでメモリーが8割ほど使用し、例えばブラウザをIEとGoogle Chromeを同時にあけたりするとメモリーが100%になっていました。

そこまで分かってきたら、メモリーの増設をしてみるしかありません。

それで、またまたバッファロー製の2Gのメモリーを1枚増設してみました。
20111226172327_367_
合計4Gのメモリーを搭載したことになります。

そして、PCの起動。
さあ、動きは?

イエーイ!ばっちりです。

さくさく動くようになりました。

PCの動きが遅いと思ったら、まずはメモリーを疑ってみてください。