私がギターが好きなことは、すでに書きましたが、いつから弾いているのですか?とよく聞かれましので、を少々書きます。

それは、中学1年のときです。

たまたま先輩の家に遊びに行った時に、その先輩の部屋の片隅にフォークギターが立てかけてありました。

先輩に「このギター弾けるの?」と聞いたら、「おう、なんか弾いたろか!」と言って、当時流行っていたかぐや姫の「22歳の別れ」をアルペジオで弾いて歌ってくれました。

そうです、生まれて初めて”弾き語り”を体験した瞬間でした。

口が開いたままで、なぜか笑顔で、聞きいっていたのを今でも鮮明に覚えています。
ほんと、一瞬で感動しました。

生のギターの音色はものすごく綺麗で、とても男っぽい先輩の指から奏でているとは思えません、なにか不思議な手品を見ているようでした。

言うまでもありませんよね、好奇心旺盛な私はギターを弾きたい!と強烈に思ったのでした。

先輩の愛ギターはモーリスでした。

img3088_file