本日UDトラックス クオンの ピラーカバーの型を取りました。
ミラクルプレートのミラータイプで製作予定です。
pira-
トラックのピラーとは言え、上下で見ると若干湾曲していますので、本物の鏡では残念ながら製作できません。

となると、テンパークの秘密兵器?ミラクルプレートの登場です!(笑)

鏡に劣らないぐらいの鏡面仕上げのミラクルプレートミラータイプは、加工が簡単。カッターやハサミでカットして自由な形に出来ます。
ただ、前から30mmぐらいの縦のラインでカクンと角度が変わっているので、そこがネックでしたが、きれいに曲げることが出来ました。
pira-1

ただ、素材が薄い分どうしてもひずみが出ます。

スーパーミラーのように正面から自分を写すような場所はひずんだら最悪ですが、今回のピラー部分はもともと湾曲しているので、そんなに違和感はありませんでした。

採寸も完了しましたので、その型を仕入れ業者に送って、機械の型を作っていただきます。その型が完成したら量産可能というわけです。

乗用車の世界では、最近流行っているピラーカバー。トラックの世界でもミラーマンが流行らせましょう!(笑)

試作品が出来てきましたらまた報告させていただきます。